退職をしたが勤務先が源泉徴収票を発行してくれない、どうしたらいい?

  • 所長ブログ
源泉徴収票
会社や個人が人を雇って給与を支払ったり、税理士、弁護士、司法書士などに報酬を支払ったりする場合には、その支払の都度支払金額に応じた所得税及び復興特別所得税を差し引くことになっています。

又会社は給与を受け取っているすべての従業員に対して、給料の支払いの最終月に源泉徴収票を発行することが義務付けられています。
なので、退職したのに源泉徴収票を受け取っていない場合は会社に請求するようにしましょう。
退職者には退職後1か月以内に源泉徴収票を発行することになっています。

しかし会社に請求しても発行してもらえないケースがあるかもしれません。
その時はご自身の所轄の税務署へ「源泉徴収票不交付の届出」を提出しましょう。
この届出書を税務署に提出すると、税務署の方から会社へ源泉徴収票を発行するよう指導してくれます。
届書は国税庁ホームページからダウンロードも可能です。

年の途中であれば、再就職先で前職の源泉徴収票の提出を求められたり、確定申告の際にも必要になったりするケースがありますので源泉徴収票はしっかり受け取るように気を付けましょう。